広告代理業務のご案内
専門誌ジャンル別出稿
雑誌広告にかかる費用
広告スペースの種類
雑誌広告企画

雑誌広告戦略
タイアップ広告のすゝめ
効果を上げる!女性誌広告
シニア・ターゲット広告

雑誌広告入門

■無料相談・お問い合せ■
■無料広告見積り■
雑誌広告にかかる費用
雑誌によって金額は様々ですが、必要な費用項目は基本的に2種類だけです。
1)広告掲載料金(媒体費)
広告を掲載するためのスペースご購入にかかる費用です。
料金は、スペースの大きさや刷別(カラー/モノクロ)によって変わります。
当然、広告スペースのサイズが大きくなるほど、モノクロ(1色)よりカラー(4色)のほうが高くなります。
しかし、単位面積あたりの金額からで考えますと、大きいサイズの広告ほど、割安になります。
(相対的に、より小さい広告スペースの料金は割高になると言えます)

例)
仮に1C1/2Pの掲載料金が\150,000とした場合、面積が2倍の1C1Pの金額は2倍の\300,000ではなく、\250,000前後が相場です。なお、料金体系・設定は各出版社/雑誌ごとに異なります。
2)広告原稿制作料金
広告スペースに掲載する印刷原稿の制作費用です。
最近ではパソコン上で作成されたデータの入稿が標準化されており、クライアント様自ら原稿制作されるケースも珍しくなくなってきました。
当然、クライアント様が入稿データをご用意されるケースでは、この費用に関する請求は発生しません。(注)
料金は、スペースは大きいほうが、刷別は、モノクロ(1色)より、カラー(4色)のほうがコストが高くなります。
コストの目安としては、掲載料金の25%〜40%程度とされています
例) カラー1ページの掲載料金が50万円の場合、制作費は12.5〜20万円程度
モノクロ1/4ページの掲載料金が10万円の場合、2.5〜4万円くらい
制作費用は請け負う作業内容によっても変わります。企画〜写真撮影、コピーライティング、デザイン/レイアウトまでご依頼いただく場合と、クライアントさまが画像・テキストを用意いただく場合などでは、当然後述のほうが安くなります。料金の詳細については、お見積りをご依頼ください。
また、広告に特定の人物等を起用する場合では別途料金としてキャラクター使用料などが発生いたします。

(注)Mac OS環境、Illustrator8.0.2など、印刷所の標準環境に適応したプラットフォーム/アプリケーション/バージョン.で作成された「完全データ」をご支給の場合に限ります。
→データ入稿をもっと詳しく知りたい方は、無料e-book「データ入稿マニュアル」をダウンロードしてご覧ください。