堀越 登志喜 ブログ

堀越登志喜

Facebookページ

Google+

Profile

1977年専門広告代理店 株式会社堀越を創業。楽器業界、バイク業界、ファッション業界、つり業界、スポーツ業界等に対象マーケットを広げ、従業員数20名を統括する。2009年2月マガジンランド刊『動機力仕事力』出版。

動機力 仕事力

アーカイブ

最近のコメント

    ブログロール

    タグ

    クチコミ!究極のファン客


    YouTube Preview Image

    ・・・・・どうすればファンになってもらえるのか?

    (1)ファン客とは?

    ■商品・商材・サービスや営業・接客活動が、

    想像を超えて顧客満足度が高く、

    顧客が感謝するほどの時、お客様は、

    その商品・商材・サービス、

    営業・接客活動のファンになります。

    ■その為には、

    その商品・商材・サービスや営業・接客活動が、

    お客様の想像以上であり、

    感動や感激させることができれば、

    そのお客様は商品・商材・サービス、

    営業・接客活動のファンとなり、

    他のお客様を連れてきてくださるのです。

    (2)ファン客が重要な点とは?

    ■お客さまの紹介による売上が増えることです。

    既存のお客さまに、

    新規のお客様を紹介していただけるからです。

    ■顧客をファン客化するほどの、

    強い商品・商材・サービス、

    営業・接客活動を提供できれば、

    ファン客を増やし、それにより新規紹介客が増え、

    売上UPすることができるのです。

    ファン客を作ることは、売上拡大のために重要です。

    (3)ファン客化に必要なこととは?

    ■商品・商材・サービスや営業・接客活動の質を高め、

    顧客の想像を超える顧客満足を与えることです。

    ■その為には、優れた商品・商材・サービスの開発や、

    営業・接客活動における有益な情報提供などにより、

    「顧客満足」を高めなければなりません。

    ■ファン客を生み出すためには、

    お客様の想像(イメージ)を超え、

    驚き感動、感激していただけるほどの、

    商品・商材・サービス、

    営業・接客活動が必要なのです。

    (4)ファン客化における問題点とは?

    ■商品・商材・サービスや営業・接客活動が、

    お客様の想像通りのものであれば、

    お客様には、ご満足いただけます。

    ■しかしそれだけでは、

    当然であって、その商品・商材・サービス、

    営業・接客活動に感動・感激してもらえません。

    ■お客様の想像を超えられない、

    商品・商材・サービス、営業・接客活動では、

    お客様をファン客にすることはできません。

    (5)ファン客がもたらす成果とは?

    ■顧客による新規客の紹介により、

    必然的に顧客数が増え、

    売上が上昇することです。

    ■ファンのお客様は、

    継続取引だけでなく、

    他の新規のお客様を紹介していただけ、

    さらに売上を上げ、貢献していただけるのですから、

    是非ファンのお客様を育てることが必要です。

    ■その結果売上は安定し、

    さらに拡大することができるからです。

    顧客をファン客化することができれば、

    強力な売上拡大の仕組みとなります。

    ●今日の検証(C)

    ・顧客の想像を超える仕事をしているか?

    ・高い顧客満足をえる商品・商材・サービスを持っているか?

    ・高い顧客満足をえる営業・接客活動ができているか?

    ●今日の実践(D)

    ・高い顧客満足を得ることでファン客を創る!

    ・顧客の想像を超える商品・商材・サービスを開発する!

    ・顧客の想像を超える営業・接客活動を行う!

     

    ———————————————————

    専門雑誌広告代理店 株式会社堀越 代表取締役 堀越登志喜

    Email: toshiki@senmongai.com

    Twitter: http://twitter.com/hrks_THorikoshi

    Facebook: http://www.facebook.com/Toshiki.Horikoshi

    Facebook Page: http://www.facebook.com/1977hrks

    TEL.03-3295-3360おFAX.03-3295-4430 Mob.090-5217-8471

    〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10第2木津ビル4F

    ———————————————————


    こちらも合わせてお読みください

    2013年08月07日 組織の弱点!!

    Facebookで最新情報を購読

    カテゴリー

    Horikoshi Inc.

    最近の投稿

    2019年5月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  

    Twitter