売掛未収金

未収金回収で悩んでいませんか

自分で未回収金を集金する方法


未回収売掛金法的な手続き


自分で未回収売掛金を集金する方法




作者、堀越登志喜

堀越登志喜と申します

私は、36年にわたり広告代理店業を営み、特に未回収売掛金の回収を行い、述べ100件以上の集金を実行してきました。
3年ほど前に本も出版しましたので、
もしかしたらお読みいただいた方もいらっしゃるかもしれませんね。
堀越登志喜(ほりこしとしき)プロフィール

株式会社堀越 代表取締役 : 堀越登志喜(ホリコシトシキ)


動機力仕事力

著作紹介:
『動機力仕事力』
(マガジンランド)

1977年専門広告代理店 株式会社堀越を創業。
楽器業界専門の広告戦略を展開し、数多くのメーカー、卸売業、 小売店の広告、販促プロモーションをてがける。 現在は、バイク業界、 ファッション業界、つり業界、スポーツ業界等に対象マーケットを広げ 2008年3月期年商6億7000万円、従業員10名を統括する。 2009年2月マガジンランド刊『動機力仕事力』出版。2013年4月で、会社設立36年となる。



私がこのサイトを立ち上げた理由はとても簡単です。


正しい債権回収方法を知らないで、
未回収売掛金で悩んでいる人があまりにも多いから。



そして
「正しい方法を実践すれば、
未回収金は苦労しなくても集金することができる」

という事実を知ってもらい、
あなたに二度と未回収金に悩まされない、
健全で円滑な事業を推進していただくためです。


「でも、結局、弁護士に依頼するとか、
司法書士に相談しないとできないでしょ」



という声が聞こえてきそうですが、心配いりません。


皆さん以下のような悩みをかかえています。


「未収金を速く回収したい・・・ でも、日常業務に追われ
難しい法的手続きなどなかなかできない」

「毎日残業するほど仕事に追われているので、
弁護士に依頼するしかない」

「弁護士費用を考えると、なかなか手続きに踏み切れない・・・」



また、雑誌や本に書いてある方法で債権回収をしようとしても
「常にやり方を調べなくては先へ進まない」
「途中でウンザリしてしまう」 といったことも良く耳にします。


つまり一般的に

「未収売掛金を回収するには、弁護士や司法書士の先生に依頼するか難しい法律関係の本を読んだり調べたりするしかない」

とされてきたのです。


しかし私は、
「弁護士や司法書士に依頼したり、複雑な法律関係の本を読まなくても、未収売掛金を回収できないか、私の今までの経験を生かせばそれができるのではないか?」

という課題を掲げ、20年近く実践してきたのです。


そしてあることに気が付いたのです。


その瞬間は、
「そうだ、これなら弁護士や司法書士の先生を頼らずとも、
売掛未収金を回収することができる」

と飛び上るほど嬉しく思ったのを今でも覚えています。


40日間で督促交渉から解放

それからは、正常な業務に集中して、
忙しく仕事をこなすことができるようになりました。



この方法の場合は私も驚いたほどスムーズに
回収できたのですが、 他の件も、2〜3ヶ月で、
未収金を回収することができたのです。


もちろん弁護士や司法書士に依頼したり、
難しい法律関係の本を調べたりは一切していません。


つまり勉強をしたり、精神的な負担を感じることなく
売掛未収金を回収することに成功したのです。

自分で簡単に実践

そして、この売掛未収金回収方法のすごいところはまだあります。

強制執行の実施が可能


ではこの点、一般的な方法はどうでしょうか?
まず一般的な対処法である、弁護士や司法書士の先生への「相談」と
「法律関連書物」についてお話したいと思います。

 
弁護士に依頼するための費用



法的な手続きはよく、弁護士や司法書士の先生に相談することが一般的です。

しかし「依頼」に誰でも不安を覚えてしまいます。


「いくらぐらいの費用が掛かるのだろうか?」


「必ず回収できるのだろうか?」


そうなんです。
弁護士や司法書士の先生に相談すれば、良いのですが、
その費用を考えると、悩んでしまう人は少なくありません。


まずは、着手金が必要ですし、
無事回収できると、さらに成果報酬が必要です。


回収額の20%が成果報酬の場合、
弊社では、ちょうど利益分を失うことになるのです。


なんと、着手金やその他の諸費用は、
無事に回収できてさえ、赤字になってしまうのです。


せっかく回収できても赤字では意味がありません。


さらに、弁護士や司法書士の先生に依頼して
売掛未収金を回収すると、
そのやり方は、先生にまかせてあるので、
自分が経験を積むことができません。


つまり、いろいろなタイプの回収の仕方や、
手続きについて、経験を積むことができないのです。



任せっきりで、自分で何もしなければ、
当然そのやり方や手順なども知りえないわけです。


さらに重要なことは、
弁護士や司法書士の先生に依頼するということは、
自分ではほとんど何もせず、
先生の指示に従うだけで済んでしまうので、
楽ではあるけれど、何も自分の中に、知識・経験は蓄積されず、
次の時も、また依頼するしか方法が無くなってしまうのです。
               

つまり、売掛未収金を回収するやり方を、
学べずに終わってしまうことが多いのです。


未収金を回収する方法を経験しなければ、
いつまでたっても自分で対応できるようにならないのです。


残念ながら売掛未収金を回収する方法を、身に着けるならば、
自分で一から手続きを進めるしか方法が、ないのです。



いつも売掛未収金の回収を、弁護士や司法書士の先生に
いつも依頼し続けなければならないのです。


いつも依頼し続けるとどうなるのでしょうか?


高額の費用負担が必要なのにも関わらず、
自分で未収金を回収することなど、
いつまでたってもできるようにならないのです。


つまり、弁護士や司法書士の先生に
売掛未収金を回収する依頼をすることは、



いつも依頼し続けなければならない

 

ということなんです。

では、本による、学習はどうでしょうか?



読んで学習するのは続かない

 

あなたも実感されていると思いますが、
難しい法律関係の本を勉強するのは、
忙しい日常業務に追われる中で、限度というものがあります。


日常業務に追われて

 

こんな声を私はよく聞きます。

そうです。


今の事業を継続しながら

 

法律の勉強を続けられないから、
結局、未収金を回収できないんですよね。

正しい知識もなく自分流に回収作業をはじめると、


手続きに不備があると

 

そういう能率の悪い、めんどくさい思いはしたくない…
でも未収金を回収したい…


そんな悩みが多かったからこそ、
私はこの売掛未収金回収法を研究したのです。
私が開発した方法は、


誰でもできる

 

というものです。


本人訴訟の力を応用


 
 
本人訴訟のチカラ

 

本人訴訟は弁護士の先生に依頼せずに、
民事訴訟を起こすのですが、
争いのない債権・売掛未収金の回収はにおいては、
法廷を維持することが可能だと考えます。


ですから売掛未収金の回収の場合、
売掛先との直接交渉ではなく、
裁判所を通して、各事案に対する処置を行うのです。


裁判所の手続きによる権限で対処

 

その結果として、売掛未収金の回収へとつながります。

実際私が対処してきた多くの案件は、


速やかに回収された

 

また手続きを進めることにより、
売掛未収金の回収悩みから解放された案件が多数あります。


さらに法律知識の学習を目標に手続きを行っていないので、
最短の必要最小限の作業で進められるのです。


イライラ解消

 

などです。


売掛未収金を回収するためのとても大切な点として、
同じ売掛未収金でも、案件によって
対処すべき方法がそれぞれ異なるということです。


本当の意味で回収を進めるには、
その案件独自の対処法を突き止め
それに特化した有効な手続きを
行う必要があるのです。



 

本人訴訟では、いくつかの対処方法とその手続きがありますので、
各案件に合った対処をすることができます。
私の売掛未収金回収法も各案件の対応を特定し、
それに対する手続きを行うものです。


対応方法を見極め

 

弁護士に依頼しようと思っているけど、なかなかできずに、
ますます期日が伸びてしまい、
何とかなるだろかと日々悩んでいる方も、
手続きを進めることにより、回収が困難だった案件を
進捗させることができるのです。


あなたもこの方法で売掛未収金を回収しませんか?


「集金したいと思っているけど…」


たしかに、自分でもできるのかな…と不安に思いうかもしれません。


しかしご安心ください。
これまでに多くの案件を回収してきた
売掛未収金回収法をお教えいたします。


この売掛未収金回収法は何も難しいことはありません。


誰にでもできる簡単な方法です。


おおまかに言うと、たった3つのことを手配していただくだけです。


裁判所の特定

 

たったこれだけです。


これだけのことを実践していただくだけで、
売掛未収金の回収が可能であることを実感するでしょう。


ある日突然回収

 

「では、具体的にどうすればよいのでしょうか?」


はい、この方法を直接あなたにお教えしたいところなんですが、
私は、現在広告代理店の代表取締役として、毎日大変忙しく、
直接お教えするには時間的に限界があります。



ですので、売掛未収金でお悩みのあなたのために、
売掛未収金回収法の手順のすべてを初公開した
マニュアルを作成しました。


マニュアルなら誰でもいつでも何度でも見ることができます。
また、マニュアルを見ながら、手順通りに進めればよいので、
誰でも簡単に実行できます。



このマニュアルの一部を紹介すると…


回収できる秘密とは?

売掛未収金は回収できるものなのです。
それをあなたにすぐ実感していただきます。
このマニュアルに書かれていることを知れば、
売掛未収金の回収が進み、
事業に余裕が生まれるでしょう。

集金した方法とは?

あなたの売掛未収金の回収を進捗させる

方法があります。 この方法を使えば、
貴社の売掛未収金の残高が大幅に減ります。
売掛未収金残高を見るたびに、
心配する必要がなくなるでしょう。

売掛未収金を圧縮させる

売掛未収金の回収に効果テキメンの
2つの“方法”を知ることにより、
スムーズに売掛未収金の回収を進めることができます。
あなたの会社は今すぐにでも、
この2つの“方法”を必要としているのです。

売掛未収金問題の要因は?

売掛未収金の回収を妨げる要因が、
あなたの未収金の回収を困難にしています。
その問題も解決できれば、
貴社の売掛未収金は回収されるのです。
それぞれに合った方法を特定します。

たった7日間で回収する方法

売掛未収金はたった7日間でも回収可能なのです。
貴社でも売掛未収金の回収を進められることを
理解してもらうことができるでしょう。

早期回収するコツ

未収金を回収した後は、回収遅延が長引かないよう、
この2つの方法を実行すれば、
未回収の遅延を長期化せずに済みます。

3つのプロセス

売掛未収金の遅延を改選するために、
「弁護士に相談」「法律書の学習」では、続きません。
苦労せずに売掛未収金の遅延を改善、回収していくには
この3つのプロセスが大切です。

経営課題とその解消法

売掛未収金の遅延によって起きるいくつかの問題を
解決するための方法を提示いたします。
売掛未収金の遅延は資金繰り問題など
別な経営課題を発生させるからです。

売掛未収金のある法則

この法則を知ることなくして、
売掛未収金回収の遅延を根本から
改善することは不可能です。
普通の弁護士は教えてくれないこの法則を
全てお教えいたします。

テクニック

20年間で培った手順実行の際のある“テクニック”を
貴社に特別にお教えいたします。
これを知っているのと知らないのでは
成果が全く違ってきます。

早めに手を打つ方法

売掛未収金の回収遅延は、資金繰りを圧迫します。
いざという時のための事前の策をお教えします。

ストレスが解消される

売掛未収金の回収遅延からくるストレスを吹き飛ばし、
それを維持できます。精神的に楽になり、
仕事に集中できます。

回収遅延は危険信号

2週間から1か月間の回収遅延をほおっておくと、
大変なことになります。
簡単な方法で対処することで改善することができます。

回収遅延を未然に防ぐ方法

特別ことをしなくても、簡単な事前準備だけで
未収金の発生を最小限に抑えることができるのです。

回収に効果

プロが教える「強制執行」の仕方
執行の仕方を変えるだけで、回収率が上がります。
強制執行の手続きを分かりやすくお教えします。




以上のことを実践していただければ
貴社の売掛未収金は自然に減っていき、
売掛未収金の回収に悩まされることのない、
健全な事業を営むことができるのです。



これは私の長年に渡る研究結果であり
36年間の事業運営の成果でもあります。

 

マニャアルの利点を最大限生かし、
説明や図だけでは分かりづらい手続きのための「書類」も、
テンプレートを使って簡単に作成することができます。


ちょうどあなたの隣で私が直接お教えするかのようです。


また、全ての手続きにおいて、テンプレートを用意しますので、
誰でもが、この方法を実行可能ですので、


そのとおり実行


なのでとにかく簡単で経験のない事務の担当者の方にも
実行可能なのです。

 

もう売掛未収金の回収遅延を気にしたり、
難しい法律関係の本を勉強する必要もありません。


売掛未収金の回収遅延で悩む必要がなくなり、
不安のない、健全な事業を営むことができるのです。


売掛未収金の回収が遅延するか速やかに回収されるか?
それは上記でお伝えした方法を知っているか、知らないか、
それだけの違いだったのです。


つまりこの知識と貴社での実践があれば、
売掛未収金の回収遅延は改善できるということなのです。


あなたも1週間後、2週間後と実行していくうちに
「あれ、未収金が回収された…」と驚かれると思います。


売掛未収金の回収遅延から解放されると
事業運営がもっと楽になります。


回収遅延が改善する3つの理由
理由1

 

これまで20年間に、この方法を実行した売掛未収金の回収件数は、60件を超えています。


現在でもこの方法を実行し、売掛未収金の回収遅延を解消しています。


すべての売掛未収金の回収に共通してい言えることですが、
この方法を忠実に実行していただければ、
売掛未収金の回収遅延は改善していきます。


弁護士に依頼し自分は何もしないで回収するという方法でなく、
費用負担のかからない方法で、
売掛未収金の回収を進めることができます。


この20年間の実績がそれを証明しています。


理由2

 

この売掛未収金の回収方法を実行するにあたり、
難しい法律知識や難しい申請書類を書く必要が一切ありません。
だから実行可能なのです。


また、マニュアルを見ながら、
ひな形の書類(テンプレート)を作成するだけなので、
事務員さんでも簡単に実行できます。


さらに、どんなに仕事で忙しい方でも、
難しい法律関係の本を勉強する必要がないので、
簡単に売掛未収金の回収遅延を改善することができます。


もし今貴社がどんなに忙しくて、業務に追われていても、
隙間時間を見つけ、一つ一つ実行していくことにより、
簡単に売掛未収金の回収遅延を改善することができます。


理由3

 

これまでに、いろんな売掛未収金の回収の対処方法を試したり、
相談したりしたが、ダメだったという人もたくさんいると思います。


もし、貴社がその中の一社だとしたらご安心ください。


お伝えする売掛未収金の回収方法は、弁護士に相談したり
法律知識を勉強する必要はまったくありません。


今までの経験上の見地から、必要最小限な手順で
売掛未収金の回収遅延を改善させます。
今まで試した方法がうまくいかなかったからといって、
諦めないで下さい!


この売掛未収金の回収方法は、
貴社の売掛未収金の回収遅延を改善させることができますから。


高そう

はい、この売掛未収金を放っておくならば、
売掛金は焦げ付き、その分の利益だけでなく、
仕入れ代金分も損をしてしまいます。

 

ですからこの方法は、弁護士に依頼することがなく、
自分で売掛未収金を回収することができるという、
経済的で負担のない方法です。


今までの実践結果と貴重な情報を
全て詰め込んだマニュアルですので、


価格を
19,800円とさせていただきました。

今回はキャンペーン特別割引価格として、
14,800円にてご提供させていただきます。
先着50社様限定となります。


もし、今すぐ売掛未収金を回収したいと
本気でお考えであれば、お急ぎください。


 
売掛未収金回収マニュアル
今すぐ売掛未収金を回収する

 
ご注文殺到のため、決済ページが開かない場合がございます。
その場合は恐れ入りますが、再度ご注文ボタンを
クリックしていただきますようよろしくお願いいたします。

お問合せフォーム

 
※お客様の情報は暗号化され安全に送信されます。


※返金保証の詳細は、30日返金保証の欄をお読みください。


※当商品はすべての案件に効果があることを保証するものではありません。売掛未収金回収遅延には様々なタイプがあり、効果には格差があります。



特典をお付けします


今回ご購入いただいた方にPDFとは別に
2つのスペシャル特典をご用意いたしました。
是非ともお早目にお申し込みください。

特典1
まったく改善されない

と判断された場合は、
info@hrks.jp までメールをいただければ、
原則14日以内に、ご指定の銀行口座に
購入代金を全額お返しいたします。


また、万が一返金を申し出てこられても、
PDF はあなたのものです。返品する必要は一切ありません。


あなたが私を一度信用してくださったことに
変わりはないのですから、
私からの感謝の気持ちとして受け取ってください。



ここまでできるのは、

内容に自信あり

※しっかりとマニュアルの内容を実行していただきたいため、 ご返金受付期間はご購入後35日以内とさせていただきます。



 
特典2

 
申請に必要な書類を21ページのワード書類を差し上げます。 そのまま書き換えれば、すぐに使える状態にした申請書類ですので、誰にでも簡単に申請書類の作成が可能なのです。

未経験でも作成可能

 
このテンプレート・ファイルは、マニュアルと同時にあなたにお届けいたします。


 
今すぐ売掛未収金を回収する

 
ご注文殺到のため、決済ページが開かない場合がございます。
その場合は恐れ入りますが、再度ご注文ボタンを
クリックしていただきますようよろしくお願いいたします。

お問合せフォーム

 
※お客様の情報は暗号化され安全に送信されます。

※返金保証の詳細は、30日返金保証の欄をお読みください。

※当商品はすべての案件に効果があることを保証するものではありません。売掛未収金回収遅延には様々なタイプがあり、効果には格差があります。


よくある質問
よくある質問1
答え1
よくある質問2
答え2
よくある質問3
答え3

 

本当に回収ができるのか

 
ここまで読まれても、まだ自社の売掛未収金の
回収遅延改善されるのかは不安かと思います。

たしかに、今までずっと抱えてきた売掛未収金が
突然回収されるなんて、想像できないし、イメージできませんね。

先ほどもお伝えしましたが、
貴社の売掛未収金の回収遅延が改善されるのには
3つの理由があるのです。

 
一つ目は、
裁判所からの督促を行い、
売掛け金を回収するのに、
弁護士や司法書士に高い委託手数料を払わずに
自分で手続きができます。


二つ目は、
この売掛未収金の回収方法は
誰でも簡単に実行できます。


三つ目は、
いままでの売掛未収金対処
ノウハウとは全く違う
効果的な方法です。


 
以上の三つの理由が
貴社の売掛未収金の回収遅延が改善される理由です。

試していただければ、その効果を即実感できるでしょう。
どうぞ一度、お試しになられてください。


売掛未収金を回収する

 
ご注文殺到のため、決済ページが開かない場合がございます。
その場合は恐れ入りますが、再度ご注文ボタンを
クリックしていただきますようよろしくお願いいたします。

お問合せフォーム

 
※お客様の情報は暗号化され安全に送信されます。

※返金保証の詳細は、30日返金保証の欄をお読みください。

※当商品はすべての案件に効果があることを保証するものではありません。売掛未収金回収遅延には様々なタイプがあり、効果には格差があります。


 

 

追伸

 
私は、1977年に広告代理店 株式会社堀越を設立し、
年商10億円(2001年3月期)を達成し、
2953社ものクライアントと取り引きをしてきました。
その36年間の88億円を超える累計売上に発生する
未回収金(不良債権)を弁護士に頼まず回収する方法を
確立し実行しています。


私は、弁護士を代理人とした法的債権回収を経験した後、
20年以上本人訴訟を含む弁護士に依頼せず、
自分だけで行った未払い代金回収を成功させた経験があります。
ですから、多くの本人訴訟裁判を経験し、
必要最小限の手続きで、法的売掛代金回収ができるのです。


未回収売掛代金の回収を弁護士に依頼すると、
回収金額と同等或は、それ以上の費用が掛かる時もあります。
しかし自分でやるとなると、裁判所への様々な手続きは、
とても難しく感じてしまいます。
そこで、裁判所に求められる手順に従い、
必要十分な手続きをお教えします。


実は、私も最初は、弁護士の先生に依頼していたのです。
約108万円の広告代金の支払いをしない
東京・原宿に在るギター・リペアショップを訴えたのです。
そのショップも弁護士を雇い、東京地方裁判所で
「売掛金未払い事件」をして法廷で争ったのです。
しかし、裁判には負けてしまい、
我々(原告)の訴えは、退けられてしまいました。
その結果は、売掛金約108万円を回収できないどころか、
更に30万円ほどの弁護士への依頼費用が必要となり、
さんざんな目にあったのです。
まったく我慢ならず、私は弁護士への相談をあきらめ、
自分で東京高等裁判所に控訴したのです。
その結果、裁判官が強く双方に和解を勧告し、
30万円の和解金を勝ち取る事が出来ました。
しかし、よく考えてみると、108万円の売掛金はそのままで、
最初の弁護士費用を回収しただけでした。


この経験を通して私は、未回収売掛金は、
自分で弁護士に依頼せず
法的回収ができることに気が付いたのです。


このマニュアルをご覧になる貴社の方へも、
安心をお届けできることを心より確信しております。


堀越登志喜
 
今すぐ売掛未収金を回収する

 
ご注文殺到のため、決済ページが開かない場合がございます。
その場合は恐れ入りますが、再度ご注文ボタンを
クリックしていただきますようよろしくお願いいたします。

お問合せフォーム

 
※お客様の情報は暗号化され安全に送信されます。

※返金保証の詳細は、30日返金保証の欄をお読みください。

※当商品はすべての案件に効果があることを保証するものではありません。売掛未収金回収遅延には様々なタイプがあり、効果には格差があります。





ページトップへ戻る|  


お問合せ | 特定商取引法に基づく表記

Copyright(C)2008  株式会社 堀越 All rights reserved.